うみのこだより

学校日誌

5年生 雲龍丸体験航海事業に参加しました

きれいに晴れ渡った夏空の下、5年生が「雲龍丸体験航海」に参加しました。

敦賀港から出発し、敦賀湾をぐるっとまわる航海体験です。

敦賀港(松栄南)までバスで5分。

雲龍丸がみんなを待っていました。

1クラスずつ交代で乗船します。

まずは、1組。

お世話になる方々にあいさつをした後、注意点など聞いてから早速準備開始です。

救命胴衣をつけて、乗船したら、いよいよ出航です。

岸を離れた雲龍丸は、あっという間に沖の方へ。

松原小学校や気比の松原を海から眺めるという、貴重な体験をしました。

約1時間の航海から無事戻ってきました。

「楽しかった。」

「めっちゃきれいだったよ。」

「エンジンも見せていただいてすごかったよ。」

「クラゲがいたよ。」

「水島がきれいだった。」

みんなとてもよい体験ができたようです。

「きれいな海をいつまでも守っていきたい。」

という思いを強くしたようです。

入れ替わりに2組が港に到着しました。

2組のみんなも元気に出発しました。

 

船の上の写真がないのは残念ですが、保護者のみな様には、

本日配付の学級通信で船上の子どもたちの表情を紹介させていただきます。

 

0

3年生交通安全教室

3年生が自転車の安全な乗り方を学習する「交通安全教室」を行いました。

保護者のみな様にご協力により、学校まで自転車を持ってきていただきました。

敦賀警察署、敦賀市役所、交通指導員のみな様が指導してくださいました。

はじめに自転車の乗り方、安全確認の方法を教えていただきました。

タイヤやブレーキなど異常がないか確認して、いよいよ実際に運転の練習です。

「右よし、左よし、前よし、後ろよし。」

発進前には、自動車や歩行者が来ないか安全確認をします。

校庭で何回か発進やブレーキの練習をしました。

最後には、実際に道路での運転をして、安全な乗り方の確認をしました。

まとめとして、「心のブレーキ」の大切さを確認しました。

たくさんのみな様のご指導のおかげで、みんなは、自転車の乗り方が上手になりました。

ありがとうございました。

これからも自転車に乗るときは、「心のブレーキ」と「ヘルメット」を忘れずにいてくださいね。

保護者のみな様には、自転車の準備などご協力いただきまして、ありがとうございました。

ご家庭でも安全な自転車の乗り方やヘルメットを必ずかぶることなど、繰り返しご指導をお願いいたします。

 

 

 

 

0

朝の様子

今日は、朝の児童の様子を少し紹介します。

登校してすぐの時間。時刻は、8時前です。

中庭では、1,2年生が水やりをしています。

1年生が育てている朝顔。

ずいぶん大きくなり、みんなの背に追いつきそうです。

2年生は、ひとり一鉢野菜を育てています。

えだまめ、ピーマン、ミニトマト、なす、…。

実がついてきて、大きくなるのをみんな楽しみにしています。

「おいしそ~。」

「ぼくのえだまめ見て~。」

「家でも育てているよ。」

大切に大切にペットボトルで水やりをしています。

8時になると教室での活動開始。

2年生は、読書タイムです。

隣のクラスでは、「お話の会」から語り部の方をお招きしてお話を聞いていました。

語り聞かせは、順番に全学級で行っていきます。

1,2時間目の授業が終わった後は、業間活動です。

今日は、業間マラソンの日。

海を見て、気比の松原の中を颯爽と走り抜けます。

今までマラソンができなかったので、今日は、1周だけ。

熱中症に気をつけて、マスクは外して行いました。

 

本格的な夏が目の前です。

コロナ対策とあわせて、熱中症や食中毒など健康管理に気をつけて活動に取り組んでいきます。

 

 

 

0

1年生 児童引き渡し訓練

1年生の児童を保護者の方に迎えに来ていただく「引き渡し訓練」を行いました。

今日は、大地震が発生したという想定で行いました。

混雑しないよう地区ごとに時間差をつけて迎えにいていただきました。

1年生のみんなは、お家の人が来るまで静かに待つことができて見事でした。

担任が、迎えに来た方を確認して、一人ずつ引き渡していきました。

全員を予定していた時刻までに引き渡すことができました。

ご協力ありがとうございました。

0

うみのこスポーツフェスティバル本番

今日は、いよいよ待ちに待った「うみのこスポーツフェスティバル」本番です。

まずは、教室で準備運動。放送でラジオ体操を行いました。

うみのこ執行部3名により、今年のテーマが発表され、オープニングセレモニーの開始です。

各色の応援で士気を高めました。

他の色へエールも送り、いよいよ始まりです。

開会式は、各色リーダーが代表して本部前に集まって行いました。

テーマにあるように、「全力」で頑張る姿がたくさん見られ、会場は盛り上がりました。

高学年の係児童も、予行での経験を活かして、会の運営をスムーズに行うことができました。

【1,2年生 チェッコリ玉入れ】

【3年生 うみのこTyphoon】

【4年生 力を合わせて大縄チャレンジ】

【5年生 GO!チャレンジ!!】

【6年生 転がせ、大玉! ゴリッゴリッ!】

そして、競技の最後は、低学年、高学年に分かれての「うみのこ代表リレー」です。

6年生は、学年目標が刻まれている「かんろくTシャツ」を着てがんばりました。

どの色も競技・応援に全力で取り組むことができました。

5年生はサブリーダーとして、そして6年生はうみのこリーダーとして見事にその責任を果たしてくれました。

ぜひ、今日までのがんばりをよい思い出にして、これからもますます活躍してくださいね。

父母師会の皆様、早朝から準備、受付、グランド整備、そして後始末までご協力ありがとうございました。

保護者のみな様、児童への声援をたくさんいただき、誠にありがとうございました。

 

0

うみのこスポーツフェスティバル予行練習

久しぶりの晴天の中、今週木曜日に迫った「うみのこスポーツフェスティバル」の予行練習を行いました。

前回紹介した「各色の応援メッセージボード」も掲示しました。

全員揃っての応援は、今日が初めてです。

応援リーダーを中心に声援を送ります。

声より手拍子やカラフルなうちわをふっての応援が中心です。

本番さながらに全力で頑張る姿をたくさん見ることができました。

1年生の走りも素晴らしいです。

高学年は、応援の他に、器具準備・出発・決勝・得点・放送・救護など大会を支える各係の動きを確認しました。

初めて全校が集まって行動しましたが、どの学年も素早く行動できて素晴らしかったです。

本番のみんなのがんばりが楽しみです。

 

 

0

うみのこスポーツフェスティバルまで1週間

来週16日(木)に延期となった「うみのこスポーツフェスティバル」。

いよいよ間近に迫ってきました。

準備も大詰めです。

1、2年生は本番さながらに「チェッコリ玉入れ」の練習をしました。

ダンスもバッチリです。

各色の応援練習も熱が入ってきました。

感染対策を考慮して、応援リーダーが少人数で教えに行っています。

また、今年度初の取組として、校舎に掲示する各色の応援メッセージボードも完成しました。

それぞれ1枚ずつ紹介します。

どの色も素晴らしいできばえです。

それぞれメッセージも工夫しています。

来週は、天候が心配ですが、「うみのこパワー」で雨雲を吹き飛ばしましょう。

0

うみのこスポーツフェスティバルに向けて

新型コロナウィルス感染症は、本校の教育活動に大きく影響を与えています。

6月9日(木)に開催を予定していた「うみのこスポーツフェスティバル」でしたが、

学級閉鎖や欠席が相次ぐ中で、準備や計画を思うように進めることができません。

現在、開催日を1週間遅らせ6月16日(木)に実施予定です。来週は、感染が治まることを願っています。

そんな中、少しずつですが開催の準備が進んでいます。

6年生が校舎4階に掲示する「メッセージボード」を作成中です。

なかなかの迫力ですね。当日は校庭からみんなを励ます応援ボード。

完成まであと少しです。

感染対策のため、応援練習で低学年の教室に出向くことを避けています。

応援の練習を映像で配信しています。

これも児童の手づくりです。

6年生を中心に大変意欲的に取り組んでいます。ぜひみんな揃って開催できることを願っています。

 

0

SDGsの取組推進してます

先日お知らせしたSDGsの取組。

その後も、活動を進めています。

前回に続いて、6年生も「気比の松原」の環境保全のため、松葉かきを行いました。

6年生は、学年目標をプリンタしたおそろいのTシャツを着て活動しました。

気持ちもひとつになりますね。

この取組は、RCNと福井新聞の方々に取材していただきました。

 

また、5年生は、自分たちの話し合いで「松原海岸」のゴミ拾いに取り組みました。

きれいな海岸を守るため、ゴミ拾いスタートです。

あっという間に資源ゴミや燃やせるゴミなどたくさん集まりました。

SDGsの取組を通して、環境への意識が高まっています。

0

気比の松原を守ろう

今年度、松原小学校は「ふくいSDGsパートナー」に登録しました。

今年度は、全校での様々な活動をSDGsを意識して取り組んでいきます。

今日は、5年生が気比の松原で松葉かきを行いました。

先週5,6年生で一緒に行う予定でしたが、天候の関係で学年ごとに実施することになりました。

「どうして松葉かきをするのかな?」

「松の木は、栄養がありすぎると成長に良くないからです!」

目的を確認してスタートです。

営林署からお借りした道具を使ってどんどん松葉を集めます。

みんな一生懸命。協力体制も見事です。

集めた松葉は、ゴミ袋に入れていきます。

松林に広がって黙々と作業が続きます。

たった10分ほどでゴミ袋がこれだけ集まってきました。

この後も松葉かきは続きました。

次回は、6年生も同様の取組を行います。

5,6年生で目標は、2000kg!

身近な気比の松原の松葉会を通して、環境保全について学ぶ学習がスタートしています。

 

0