黒河元気ッズ日誌

黒河元気ッズ日誌

楽しかった,6年生を送る会!

 全校児童が参集しての6年生を送る会は4年ぶりの開催となりました。各学年が6年生に向けてメッセージや手作りのプレゼントを贈り,6年生からは下級生への感謝の言葉が贈られました。会場はみんなの協力でにぎやかにかざられ,会の始まりから終わりまでとても楽しく,そして温かな空気に包まれていました。

 1~3年生は国語の教材をアレンジした黒河小学校小バージョンの劇や歌を,4年生は6年生に関するクイズや歌を,5年生は6年生の思い出がいっぱいに詰まった動画や寸劇入りの読み聞かせを発表しました。6年生は黒河地区や黒河小学校のすばらしい部分を伝えながら,それらをこれからも大切にしてほしいという,下級生に託す思いを発表していました。他にも全校で歌う場面や,4年生が代表して6年生にプレゼントを渡す場面など,感動的な場面がたくさんありました。会の企画や進行をやり遂げた5年生たちも素晴らしかったと思います。ここ数年,全校児童が集まる行事がなかなかできなかったので,6年生にとってもよい思い出になったのではないかと思います。

6年生の入場

 

初めのあいさつ(5年)と歌

 

 

2年生の発表

 

1年生の発表

 

4年生の発表

 

3年生の発表

 

先生たちの歌

 

5年生の発表

 

プレゼント渡し(4年)

 

6年生の発表

 

終わりの歌とあいさつ

 

6年生の退場

 

 

0

5年障がい者スポーツ体験

 2月16日(金)に5年生は障がい者スポーツの体験を通して,障がいのある方々への理解を深めました。種目はたくさんの競技の中から「ボッチャ」と「フライングディスク」を体験しました。講師は「しあわせ福井スポーツ協会」の方とそれぞれの競技協会の方々でした。

 ボッチャは2つのチームで2色のカラーボール6個をそれぞれ投げ合い,的玉(まとだま)に近いボールを投げたチームに点数が入るという競技です。得点方法はあの「氷上のチェス」と言われるカーリングに似ています。最後の最後にどんでん返しもありうるので最後まで目が離せない競技です。5年生たちもすぐに慣れて,思わず歓声が上がるようなスーパー?ショットを投げていました。

 フライングディスクは大きな輪の中にディスクを投げ入れたら点数になるという競技です。分かりやすくて,けっこう入るのですが,チーム戦では逆に外したらどうしようというプレッシャーがかかり,こちらもはらはらしながら楽しめる競技でした。

 5年生はこれらの競技を楽しむだけでなく,障がい者の立場ではどうなるかについても学びました。ボッチャでは手が不自由な方でも,器具を使って的玉を狙ってボールを転がしたりできるし,フライングディスクは目が不自由な方でも,音を出すホイッスルと介助者のアドバイスをもとに狙いを定めてディスクを投げるという工夫でこれらの競技を楽しめることを体験的に学びました。子どもたちが将来において,こういった競技を通して障がいのある方たちとつながっていけるといいなと思います。

 

 

 

0

6年生 人権出前授業

 2月2日、ゲストティーチャーとして岡本先生に来ていただき、歴史的な人権問題について学習しました。

 社会科で学習した「厳しく差別されてきた人々」をもとに、その当時の差別の様子や、なぜそのような差別が起こったのか、差別の歴史、今でも続く差別について教えていただきました。

 差別は、米作りが始まった弥生時代から続いていること、江戸時代や新しい時代になってからの差別など、差別の恐ろしさや残酷さを知りました。これは、部落差別(同和問題)と言われ、今でも苦しんでいる方がいるそうです。

 子どもたちは真剣に耳を傾け、岡本先生からのメッセージ「この差別を皆さんの代で終わらせてほしい」という言葉に、一人一人できることは何か、考えることができました。

0

6年生 敦賀ムゼウムに行きました

 1月26日、6年生が「人道の港 敦賀ムゼウム」へ校外学習に出かけました。

 「観光ボランティアガイドつるが」の方に案内をしてもらいながら、ポーランド孤児とユダヤ難民について学びました。子どもたちは、メモを取りながら、熱心に説明を聞くことができました。

 昔、命のバトンをつないだたくさんの日本人がいたこと、敦賀で起きた心温かい出来事を知ることができ、改めて「命や平和の大切さ」を感じた1日となりました。

0

第3回たてわり遊び

 2月1日、たてわり遊びがありました。今年度3回目となり、6年生の司会も上手になりました。カルタや福笑いなどの正月遊びや、だるまさんの1日等、各教室で笑顔がたくさん見られました。

 

0

1月30日 ビブリオチャンピオン発表会

令和5年度のビブリオチャンピオン発表会を低学年の部・高学年の部に分けて行いました。

今年度は、福井大学との共読プロジェクトとして大学生にも、おすすめの本を発表してもらいました。

 

 

 

 

  大学生の部 

 

 友だちの発表を聞いて、読んでみたい本との出会いができましたか。これからも、たくさん本を読んで、本について友だちと話ができるといいですね。

0

2年生 栄養指導

19日金曜日に栄養士の先生から、食べ物のはたらきについて教えていただきました。

赤・黄・みどりに食べ物を分け、それぞれが体をつくる、熱や力のもとになる、体の調子をととのえるはたらきがあることを知りました。これからも、バランスよくしっかり食べようね!

0

校内書き初め大会!

 年始め恒例の「校内書き初め大会」が10日(水)に行われました。今回の課題に対しても,12月ごろから地域の書道家である西杉先生にご指導いただきながら,練習してきました。本番の日も,西杉先生に書き方のポイントについてアドバイスをいただいたり,自分の中でどれが一番うまく書けているか意見をもらったりしていました。これらの作品はコンクール対象なので,審査結果は新聞発表となります。

 わかば

 3年生

4年生

5年生

6年生

0

2学期後半スタート!

 今日の朝は凍てつくような冷え込みでしたが,その中でも児童の元気なあいさつの声が響いて無事に2学期後半がスタートしました。全校集会では校長先生から,石川県を中心に大きな被害が出た能登半島地震や燃える飛行機から奇跡といわれるような脱出があったという2つのニュースが紹介されました。児童のみんなもよく知っていたようで,すぐに反応する児童が多くいました。そこで,普段から災害や事故などを意識した行動をとることや避難訓練などをこれまでよりさらに真剣に行うことなどをみんなで確認しました。また被害にあわれた方に思いをはせて,みんなで黙とうも行いました。

 さてもう一つのお話は,今日から3月までの2学期後半が次の学年へのステップであるという意味を込めて「0学期」と呼ばれていることを知らせ,それぞれの目標なども意識しながら,学年のまとめをしっかりがんばりましょうということでした。児童のみなさんがちょっぴりお兄さん,お姉さんになったつもりで,去年よりも成長した姿を見せてほしいなと思います。

 そして最後に,体育担当の先生から年末に本校にも届いた大谷翔平選手からの野球グローブのプレゼントの紹介がありました。児童のみなさんには,暖かい場所でゲームや動画を楽しむだけでなく,寒さに負けずに体を動かしてほしいと思います。大谷選手のプレゼントには,きっとそんなメッセージも込められてるのではないかと思います。「野球しようぜ!」です。

 ★スタートにふさわしい朝となりました! 

 ★全校集会の様子

 

 

 

 

 

0

令和6年、気を引き締めて始めます。

 新年が明けました。しかし元日から大変な事が起きてしまいました。

 「天災は忘れたころに・・・」と申しますが,お正月を迎えてみんなが喜んでいるところに,北陸では報道されているような大災害に見舞われ,石川県を中心に大きな被害が出てしまいました。もし震源地がもっと私たちの身近な場所で起こっていたら,何ができただろうと改めて考えさせられました。

 2日には航空機事故まで起きてしまいました。炎に包まれる旅客機をニュースで見て,とても不安な気持ちになりました。そして残念ながらこちらも被害者が出てしまいました。ただ,旅客機の乗客は全員が無事に避難できたということで,世界中から称賛の声が上がっているようです。危機管理に詳しい専門家は,毎年義務付けられている避難誘導訓練の成果だと話していました。

 この2つの出来事から,わたしたち学校関係者も児童の「生命」を預かる職務であることをもう一度確認し,いつ,どんな災害や事故に見舞われても,出来うる最善の手が打てるように,常に準備と心づもりが必要だと強く感じました。来週の9日(火)から二学期後半が始まりますが,気を引き締めてスタートしたいと思います。

 児童や保護者のみなさんも,残りの冬休みをどうか安全にすごしてほしいと思います。

 夕暮れの野坂山 

0