南の子NEWS【令和4年度】

南の子NEWS【令和4年度】

3年校外学習

 11月1日(火)校外学習(北陸新幹線工事現場、あっとほうむ、東浦みかん園)に行きました。

 北陸新幹線工事現場では、敦賀車両基地の説明を受けました。車両の長さやスピードなど、興味のあることを積極的に質問していました。

 あっとほうむでは、磁石・−196度の実験を楽しく見せていただきました。これから学習する理科の学習に活かしていきたいです。

 東浦みかん園では、雨が降っていることを忘れるくらい夢中でみかんを取り、美味しいみかんをお腹いっぱい味わうことができました。

 敦賀の良さを感じる1日になりました。これから総合的な学習の時間に、敦賀の宝をまとめていきます。

マラソン試走(3年)

 28日(金)の4限目に、4年生と一緒に、初めてのマラソン試走をしました。

 一人一人が目標をもって、体育や業間マラソンの時間に、一生懸命練習しています。2年生のタイムより1秒でも速く走ることを目指して、1km懸命に走り抜きました。

 来週は2回目の試走を予定しています。「ライバルは自分」の気持ちで、最後まで諦めずに走れるよう、これからも練習をしていきます

【6年生】校外学習〜敦賀の魅力再発見〜

6年生は敦賀の魅力を紹介するCM作りに取り組んでいます。

今回はJR敦賀駅、氣比神宮、駅前・本町商店街を調べにいきました。

ステキなCMを作るためにしっかり聞いて、たくさん質問しました。

どんなCMができるか楽しみです。

4年生 あいあいプラザ見学

10月27日にあいあいプラザへユニバーサルデザイン体験と車椅子体験をしに行きました。
まずはじめに、10月17日から10月21日まで敦賀南小学校で取り組んだ赤い羽根共同募金活動で集まった募金をお渡ししました。


↑上の写真は10月25日に集まったお金を集計している様子です。

 
その後 2つのグループに分かれてユニバーサルデザイン体験と車椅子体験を行いました。

 


ユニバーサルデザイン体験では、いろいろなところにあるみんなが過ごしやすくなるための工夫を教えていただきました。

スロープや階段、廊下などにある高さが違う二本の手すりは、子どもや大人、車椅子の方などいろいろな人が使いやすいように考えられたものです。

普段何気なく生活の中にあるものも、多くの人の過ごしやすさを考えたものだということを知りました。

 

 

車椅子体験では、介助する人と介助される人の二通りを体験しました。車椅子はタイヤが着いているので平坦な場所を移動するのはとても便利なものです。

しかしスロープや段差、狭い場所のでの方向転換は、とても大変。

介助する役になった子どもたちは、介助される相手の人に気を配りながら、力を入れて車椅子の前輪や後輪を持ち上げて進んだり、向きを変えたりと頑張っていました。

1年生 秋のおもちゃ作り

生活科の学習で、秋見つけをし、見つけたものを使っておもちゃ作りをしました。

今回は、松ぼっくりを使って「けんだま」を、椎の実やどんぐりを使って「マラカス」を作りました。

ひもの長さはどうすればいかな?どんな音が鳴るかな?試行錯誤して、やっと完成!休み時間には、早速手作りおもちゃを使って楽しく遊んでいます。