令和4年度

2022年12月の記事一覧

明日から冬休み!

 今日は2022年の最後の授業日です。各学年ごとに集会を行い、これまでの活動の振り返りや冬休み中の注意事項、2023年への豊富などを確認しました。全体ではオンラインで受納・表彰式を行い、剣道部の秋季新人大会での優勝や、税についての作文での福井県知事賞などの活躍が讃えられました。

 明日から17日間の冬休みに入ります。1月10日に皆さんの元気な姿が見られることを楽しみにしています。

 

  

3年生球技大会

 体育委員会が主体となり、3年生の球技大会が行われました各クラス総当たりでドッヂボールの試合を行い、優勝チームを決めました。入試や卒業も近づく中で、クラスのチームワークが確認できる時間となり、どの試合も大盛りあがりでした。

 

  

親子の絆、わが家の三原則(一筆啓上)

 福井県PTA連合会主催の「わが家の三原則(一日啓上部門)」において、本校の生徒が「嶺南ブロック賞」と「特別(ユニーク)賞」を受賞しました。親子で互いに励まし合う作品と、手料理をパワーに変えて頑張ろうというどちらも温かみにあふれる作品でした。

 

 

JAMあいさつ実施中!

 生徒会執行部が提案した「JAMあいさつ」を推進するため、執行部とボランティア委員会が玄関前であいさつ運動を行っています。活動によって意識も変わりはじめ、しっかりと「自分から・明るく元気に・目を見て」あいさつをできる生徒が増えてきました。

 

 

らでん風ペンケース

  2年生が美術の時間に作成した「らでん風ペンケース」が廊下に飾られています。らでん(螺鈿)とは若狭塗り箸にも用いられる貝などを使って装飾する技法で、今回は銀色のシールを使って作成しましたが。らでん技法を使った本物にも劣らない素敵な作品が多数できあがりました。