日誌

令和4年度 粟野小の日誌

海・未来を考える

3限目に、4年生が海上保安庁の出前授業を受けました。

「海の安全と海上保安庁の仕事について、学習しましょう」

という、次長様や隊員の方のお話からスタートしました。

子どもたちは、動画視聴や救命胴衣の着脱体験、質問等もして

海水浴で気を付けることや、隊員さんの仕事について学びました。

学んだ後は、「海の事件・事故は118番!」とポーズを決め記念撮影。

テレビ局や新聞社の方のインタビューにもしっかり答えていました。

「このバッチは何ですか?」など、制服についても自主的に質問!

7/18の海の日、夏休みを前に、大変貴重な学習ができました。

 

6年生の廊下には、修学旅行での体験・インタビューをもとにした

「職業調べ」が掲示されています。

子どもたちは、様々な学びから、自分たちの未来も考えています。

0