日誌

11/15(水)【6年生】人権講話

 

 敦賀市人権擁護委員の山本拓氏を講師に迎え、「プラスの言葉を紡ごう」という演題で話をしていただきました。

「人権ってなんですか?」という問いかけから始まった本講話。誰にとっても守られなければいけない、人間が人間らしく生きる権利である人権について、実例をもとに学びました。

 また、悪口を言うと脳が傷ついてしまうことや、反対に相手を褒めると幸せになるホルモンが出ることなど、言葉が人間にもたらす影響についても学習しました。

 金子みすゞさんの名言である「みんなちがって、みんないい」という言葉を大切に、自分を認め、周りを認め合っていこうと思いました。