つるがしりつつるがにししょうがっこう

   敦賀市立 敦賀西小学校

    ~心やさしく たくましく 自ら求め はげむ子 の育成~



 

学校基礎データ

郵便番号:914-0064
住  所:
福井県敦賀市結城町8-6     
電話番号:
0770-22-0538
FAX番号:
0770-22-0530
Email      :
nishi@edu.ton21.ne.jp
 

ネットで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい?

 11都市に緊急事態宣言が出され、本県も「福井県感染拡大警報発令中」となっています。しかしながら、新型コロナウイルスの感染は拡がり続けておりながらも、国民も前回の程の危機感を感じていないようです。
 そんな中で医療現場は逼迫し始め、同時に感染された方への誹謗中傷は深刻な問題となってきています。
 特にネット上に個人情報を平気で掲載することは、その内容の真偽に関わらず、個人の人権を著しく侵害する犯罪行為となります。この度、そのような被害にあわれた方の相談窓口についてのお知らせが出されました。ご覧いただき、被害側にも加害側にもならないように互いに思いやる社会を実現していきましょう。
 下記にそのチラシを掲載しております。
 

いつでもルール  ~コロナに「うつらない」「うつさない」~

 

アクセスカウンタ

トータル434735
家庭学習【西の子スタイル】
敦賀西小学校では、
1「学校の授業と家庭学習の連動の強化」
2「家庭での学習習慣の定着の促進」
3「再び臨時休業になってしまった時の備え」
のため、「【西の子】~家庭学習モデル~」を策定いたしました。
すでに学年だよりとしてお手元に配布させていただきました。
今後は、
A 学校の授業で実施することにより効果的な学習内容
(「話し合い活動」「協働作業」など)
B 時間をかけ繰り返し行うことにより定着を図る学習内容
(「適用問題」「繰り返しドリル/漢字・計算」など)
を明確にし、子どもたちの学力向上を図りたいと思います。
ご不明な点は、担任にお問い合わせください。
保護者の皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

基本の考え方
「本校は算数科を中心に研究しておりますので、算数科のモデルとなっています」
基本の考え【授業と家庭学習の連動を図った学習の流れ】.pdf

1年生
(1年生は夏休み明けを目処にお知らせします)
2年生
02A_R2_2年だより6月号(家庭学習について).pdf
02B_西の子家庭学習モデル【2年生】.pdf
3年生
03A_R2_3年だより6月号(家庭学習について).pdf
03B_西の子家庭学習モデル【3年生】.pdf
4年生
04A_R2_4年だより6月号(家庭学習について).pdf
04B_西の子家庭学習モデル【4年生】.pdf
5年生
05A_R2_5年だより6月号(家庭学習について).pdf
05B_西の子家庭学習モデル【5年生】.pdf
6年生
06A_R2_6年だより6月号(家庭学習について).pdf
06B_西の子家庭学習モデル【6年生】.pdf

また、「西の子家庭学習モデルは」、敦賀市教育委員会から配布されている「家庭学習ガイド」(1年、4年に配布済)を参考にしています。
(※臨時休業中の学習時間のモデル「円グラフ」としても配布しました)
発展的な自主学習の際の参考になります。あわせてご活用ください。
家庭学習ガイド入門編.pdf
家庭学習ガイド小学校低学年用.pdf
家庭学習ガイド小学校高学年用.pdf


ご家庭での学習時間を確実に確保していただきますようお願いいたします。
 

子どもに関する相談窓口のお知らせ

<学校外の教育相談機関>
電話相談時間が延長されます。
敦賀市「はーと・ほっとダイヤル」
   0120-96-8104
令和3年1月6日(水)~1月8日(金)1月12日(火)
午前9時から午後9時まで

福井県「24時間電話相談」
   0776-51-0511
全 国「24時間子どもSOSダイヤル」
   0120-0-78310
家庭教育相談、青少年悩み相談
     0120-090-523
     (敦賀市少年愛護センター)
   ◆相談日時:火~土 9時から16時
   ◆メールアドレス: aigo@ton21.ne.jp

4月に配布した下記のハンドブックのP28にもその他の相談窓口が記載されています。ご活用ください。

敦賀市教育委員会作成「家庭教育ハンドブック~7つのすすめ~」


家庭教育リーフレット「STOP!いじめ」 

こちらからご覧ください。 stop_ijime.pdf


ネット被害に関しては下記の窓口へ(詳細はリーフレット参照)

R2家庭教育通信リーフレット(ネットの適正利用).pdf

 

福井県警察署からお知らせです。



【自宅で防犯・交通安全教室】
○福井県警察少年女性安全課Twitter 
https://mobile.twitter.com/fukui_syounen

【小学校低学年向けのインターネット絵本「よいこのおやくそく」】
【動画で交通安全!】など

○福井県警ホームページ
https://www.pref.fukui.lg.jp/kenkei/
https://www.pref.fukui.lg.jp/kenkei/naka7/0409dogadekoutuuanzen.pdf

 
学習支援動画「学びたいむ・つるがっ子」【敦賀市校長会】
子供の学び応援サイト【文部科学省】
休校特設サイト「eboardホームスクール」【NPO法人eboard】

「体罰等によらない子育てのために」

 
 令和元年6月に児童福祉法等改正法が成立し、親権者等は、児童のしつけに際して、体罰を加えてはならないことが法定化され、令和2年4月から施行されます。
  厚生労働省では、体罰禁止に関する考え方等を普及し、社会全体で体罰等によらない子育てについて考えていただくとともに、保護者が子育てに悩んだときに適切な支援につながることを目的として、令和元年9月から、「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」において、有識者による検討を進めてまいりました。
  令和2年2月18日(火)に第4回検討会を開催し、検討会として「体罰等によらない子育てのために」をとりまとめましたのでお知らせします。

「体罰等によらない子育てのために」リーフレット.pdf
 

特殊詐欺の被害を防ごう

台風情報

日誌

2020年 >> 記事詳細

2020/12/28

全校集会で子どもたちにこんなお話をしました。

Tweet ThisSend to Facebook | by システム管理者
前の記事でもお伝えし、RCNの「つるいち!」でも放送されましたが、本校は、感染症拡大防止と、新しい生活様式の中から教育効果の高い、新しい教育活動の在り方を見いだすために、全校集会、児童集会を「遠隔」で実施しています。
今までに、「全校集会」「人権集会」「全校集会(臨時生徒指導)」などを実施しきました。「Zoom」という、テレワークでよく利用されるツールを使って行っています。令和3年のタブレット導入も見越し、教育効果の高い取組として今後も行っていく予定です。

12月25日の全校集会で校長から児童に伝えたお話を掲載しておきます。

令和2年度 冬休み前全校集会の訓示

 

敦賀市立敦賀西小学校長

  

令和2年 最後の全校集会です。

今年はみなさんにとってどんな年だったでしょうか。

今年は、新型コロナウイルス感染症が全国、全世界に広がり、今まで当たり前だった生活が大きく変化しましたね。

これを覚えていますか?(「いつでもルール」を提示)

そうです。新しい生活様式として、「うつらない」「うつさない」ためにいつでも守るルールのことでしたね。

「マスク」「手洗い」「間をあける」「かんき」「ひとのものはさわらない」これらを学校の中だけでなく、家でも、外でも「いつでも」守ってください。

新型コロナウイルス感染症がまた拡がり始めています。もう一度、「いつでもルール」を徹底してよいお正月を迎えられるようにしてください。

 

さて、毎年その年の世相、世の中の様子のことですが、それを表す漢字を日本漢字能力検定協会が決めて、京都の清水寺でお披露目があります。今年の漢字は何だったか知っていますか?

知っている人もいると思いますが、敦賀西小学校の書道の先生、「黒川虚白(きょはく)」に書いていただきましょう。(黒川淳先生が「密」を書きます。)

そうです。「密」ですね。

この漢字が選ばれた理由は、もうわかりますね。新型コロナウイルス感染症対策のための新しい生活様式として、「密閉」「密集」「密接」を避けることが叫ばれたことです。

しかし、同時に人との距離は離れても、こんな時だからこそ、心の距離は近く「密」になって欲しい、人とのつながりを大切にして欲しいという願いも込められています。

さて、校長先生も今年の漢字を考えてみました。先生お願いします。

(黒川先生が「口」を書く)

何という漢字かわかりますね。「口」です。

校長先生がこの漢字を選んだ理由を説明します。

世の中を大きく変えてしまった新型コロナウイルスは「口」から出る「くしゃみ」「せき」「おしゃべり」などの飛沫が飛んで人にうつることが多い病気です。だから先ほど言った「いつでもルール」マスクはいつでも着けていましょう。友だちと遊ぶときも必ず着けましょうね。

 

 そして、その新型コロナウイルスは、世の中の人の心まで病気にしてしまいました。だれか感染してニュースに出る度に、「だれだれらしいよ」「困ったやつだな」など、感染した方を傷つけるうわさやデマが広がりました。これらを誹謗中傷と言います。誹謗中傷はSNSなどの書き込みとなって、病気で苦しんでいる人をさらに苦しめました。感染した方が一番苦しんでいるのにです。病気の人をさらに苦しめたのが「口」からでる誹謗中傷なのです。心にもマスクをして、口から悪口が出ないようにしましょう。

そして、コロナとは関係ないところでも、「口」から出た悪口はいじめとなり、大切な命を自分で絶ってしまった人が今年もいました。悲しいことです。人の命を奪うような悪口、誹謗中傷は、絶対に口から出さないようにしましょう。

 

しかし、同時に「口」からはとてもすばらしいものも出ます。前に2学期の始業式の「美しい日本語」の話を覚えていますか?

「ありがとう」は感謝の気持ちを表し、相手も自分も幸せにします。

「ごめんなさい」と謙虚に反省する気持ちは、世の中をよくしていきます。

「はい」という素直な気持ちは、自分をどんどん強くしていきます。

「おかげさまで」の敬意の気持ちは、互いに支え合う社会を作っていきます。
 心ない言葉とちがい、「口」から出る美しい日本語は、今年、新型コロナウイルス感染症によって傷ついた人や世の中をきっと変えていきます。今度のお正月は、黒川虚白先生のように、世の中を変える素晴らしい言葉について考え、是非書き初めにしてみてください。

そして、来年は、その美しく素晴らしい言葉を自分の「口」から周りの人にプレゼントできるようにしてください。

 

それでは、けがや病気に気をつけて。

そうそう、相手を思って、病気やけがになって欲しくない、ますます元気に暮らしてほしいと願うことを、今年人気になった「鬼滅の刃」の登場人物、水柱の富岡義勇が師匠への手紙にはこう書いています。

「ご自愛専一にて精励くださいますようおねがいもうしあげます。」

よいお年をおむかえください。


08:48 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

ネットで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい?

インターネットの適正利用について

新年を迎え、お子さんにスマホ等を使わせるご家庭があるかと思います。その際には、必ず「フィルタリング」を行ってください。お子さんを守るためにお願いします。

チラシのダウンロードはこちら
R2保護者を対象とした「フィルタリング啓発チラシ」.pdf


有害情報、ネット依存症予防等、お子さんをネットの被害からを守るために、保護者の方ができる3つのポイントについてお示しします。(詳細は下記からダウンロード)
R2家庭教育通信リーフレット(ネットの適正利用).pdf
 

「新しい学校生活様式」~西の子スタイル~

「新しい学校生活様式」~西の子スタイルVer2~
新型コロナウイルスの感染を予防しよう【敦賀西小学校】.pdf

「新しい学校生活様式」~西の子スタイル~【基本編】
学校だより「ゆう」6/1号【基本編】.pdf
学校だより「ゆう」6/24号【基本編Ver2】.pdf

「新しい学校生活様式」~西の子スタイル~【欠席連絡等編】
学校だより「ゆう」6/2号【欠席連絡等編】.pdf

「新しい学校生活様式」~西の子スタイル~【給食開始編】
学校だより「ゆう」6/3号「給食開始編」.pdf