敦賀市立黒河小学校
   校訓 「明るく 清く たくましく」 
      

 

学校基礎データ

〒914-0132
福井県敦賀市御名25-5
TEL : 0770-22-1433
FAX : 0770-22-2773
E-Mail : kuroko@edu.ton21.ne.jp
 

お知らせ

★メニューに「STOP!いじめ」を新設しました。いじめはすべての子どもが被害者にも加害者にもなりうるものと考え,子どもたちが安心して生活できる環境を家庭・地域・学校が連携してつくりあげていきたいと思います。こちらをご覧いただき,いじめSOSチェック等をご家庭でも活用をお願いいたします。また,お子様のことで心配なことあれば,いつでも黒河小まで連絡をお願いいたします。
平成28年度全国学力・学習状況調査の結果について,お知らせいたします。
こちらをクリックしてください。
 

アクセスカウンタ

トータル91229
ご覧いただきありがとうございます!

教育相談機関

<学校外の教育相談機関>

○敦賀市
「ふれあいダイヤルいじめ110番」

 0120-96-8104(フリーダイヤル)

○福井県「24時間電話相談」

 0776-51-0511

○全 国「24時間子どもSOSダイヤル」

 0120-0-78310

 

バナー

新着情報

黒河元気ッズ日誌(平成28年度)

H28 黒河元気ッズ日誌
12345
2017/02/10

園児1日体験入学を行いました!

| by teachers
 2月10日(金)、来年度入学予定の黒河保育園の園児26名が来校しました。
 校長先生のお話を聞いた後、1年生の教室で算数ゲームやランドセルを背負う体験などをしました。
 その後、体育館に移動して、2年生とじゃんけんゲーム。体を動かして楽しみました。
 図書室にもどると、3年生からメッセージの入ったプレゼントをもらいました。
 最後に、校舎内を見学し、どんな教室があるか、小学生のお兄さんお姉さんはどんな勉強をして
いるかなどを見て回りました。
 園児たちは、4月
からの小学校での生活に心躍らせている様子でした。
 
 
 
10:34
2017/02/09

2・5年生 命の授業

| by teachers
山下里美助産師さんをゲストティーチャーとしてお迎えし、
2年生と5年生で命の授業が行われました。

赤ちゃんがお腹にできたときは、目に見えないほどの大きさだったのが、月日が経つにつれ、大きくなり、いろんな準備をして生まれてきたということを、実際の大きさと同じ大きさの人形で教えていただきました。お腹の中でジャンプしたり、周りの声を聞いたりしている…。へその緒が3本の管に分かれている…。命の道を通れるような体の仕組みになっている…。たくさんの不思議を教えていただきました。
赤ちゃんが生まれた時、周りを囲んでいる人たちは、みんな笑顔。みんな「生まれるちから、生きるちから」を持って生まれてきた、あなたは世界でただ一人だけなんだよというメッセージをいただきました。みんな望まれて生まれてきた命です。だから、自分も周りの人も大切にしてほしい話してくださいました。
 その後、グループに分かれて、パネルを見せてもらったり、赤ちゃんの人形をだっこしてみたりしました。赤ちゃんを大切にだっこしている子ども達の顔は、とてもにこにこ、幸せそうな顔をしていました。


12:16
2017/02/09

中学年 なわとび大会

| by teachers
2月8日(水)業間~3時間目に、なわとび大会を行いました。



持久跳びも、セット跳びも、たくさんの人が自己記録を出すことができました。
持久跳びの部では、4年生は8名、3年生は4名、10分間跳び続けることができました。昨年の記録を見ると、4年生は2名から6名増え、3年生は最高記録が7分だったところから今年は4名と、1年間のがんばりが現れ、成長のあとが見えました。



セット跳びの部は、学年によって種目が違います。3年生は引っかかってもその続きからできますが、4年生は初めから数えなければなりません。
○3年生: 前跳び→あやとび→交差跳び     最高記録32セット 3回
○4年生: かけ足跳び→あやとび→二重跳び  最高記録12セット28回
7分を過ぎたあたりから体が辛そうな人もいましたが、最後まであきらめず1回でも記録をのばそうと、どの児童もがんばっていました。


中には本番当日に結果を出すことができず、悔しい思いをした人もいましたが、なわとび大会に向けてがんばってきたことや、本番でどんな気持ちで跳んだのかが一番大切だと思います。来年に向けて、またこれから業間の時間を中心にがんばってほしいです!
11:17
2017/02/07

低学年 校内なわとび大会

| by teachers
  1・2年生の校内なわとび大会が行われました。1年生にとっては、初めてのなわとび大会です。持久とびとセットとびを行いました。それぞれが、目標を決めて、がんばりました。持久とびは10分めざしてとびます。少しでも長くとぼうとする姿が見られました。セットとびは、1年生は、両足とび10回、かけあしとび10回で1セット、2年生は両足とび10回、かけあしとび10回、あやとび10回で1セットです。ひっかかっても、すぐにとびはじめ、最後までやりぬきました。1年生は、持久とび10分とんだ人が2人、2年生は3人でした。セット跳びの最高記録は、1年生71セット7回、2年生は、36セット6回でした。本番目標達成できなかった人もいましたが、がんばるという気持ちで取り組めたことが大切です。次の目標をさっそく決めた子もいたようです。これからも業間運動をがんばっていきましょう!
    
   
18:18
2017/02/04

6年生 薬物乱用防止教室を受けました

| by teachers
 2/3(金)の午後、6年生を対象として薬物乱用防止教室が行われました。
 
 ゲストティーチャーとして薬剤師の先生をお招きし、「薬物」の恐ろしさや正しい使い方について教えていただきました。

 まずは、子ども達にもイメージしやすい「ドーピング」のお話から。アスリートは病気になったとしても自由に薬が飲めるわけではないことに、驚いていました。
そしてお話の本題は、「タバコ」に。

 タバコには「殺虫剤」や「殺鼠剤」と同じ成分が、さらに社会科の公害の学習で習ったイタイイタイ病の原因物質である「カドミウム」が含まれていることを教えていただきました。また、喫煙が死亡原因のトップであることなども具体的なデータを示して下さいました。

 先生が特に強調されていたのは、「ゲイトウェイとしての喫煙」について。つまり、喫煙をきっかけとしてその後の「大麻」や「覚醒剤」など危険ドラッグへの使用につながることでした。そして、大切なのはたとえ身近な人からの誘いであっても、喫煙の誘いをきっぱりと断ることの大切さについてです。

 また、薬の使い方として用法・用量を守らないと、最悪の場合に死につながることも教えていただきました。たとえ市販薬であっても、依存症や重大な被害を招くことがあることを知り、子ども達も真剣な表情でお話に聞き入っていました。

 
 授業の最後に発表してくれた感想の中には、「中学校に行ったら、たとえ誰に誘われてもタバコは絶対に吸わないでおこうと思いました。」「薬を正しく使えるように気をつけていきたいと思います。」といった意見が聞かれました。



13:33
2017/02/03

6年生 夢の架け橋プロジェクトに参加しました

| by teachers
 2/2(木)の午後、いわゆる「中1ギャップ」を解消するために、敦賀市内の全ての小・中学校で行われてい小小・小中連携授業の一環として、粟野中学校において行われた「夢の架け橋プロジェクト」に6年生が参加しました。
 これまでの小小・小中連携授業では、昨年8月の体験授業や部活動見学、10月の合唱コンクール見学など、全て各小学校単位でのグループ編成でしたが、今回の「夢の架け橋プロジェクト」では実際の中学1年生のクラス編成を意識して、全ての小学校の6年生が混合で8つのグループ(クラス)に分かれて活動しました。
 
 粟野中学校の体育館に着くと、いきなり別々のクラスに。どの子の顔にも緊張感が漂います。
 まずは、担当の先生から日程の説明や諸注意が。普段から行っている、「話す人の方におへそを向ける」や「相手のお礼に返礼する」ことがきちんとできていて、とても素晴らしかったです。
 その後、仮担任の先生に引率されて各教室へ。何度も訪れた校舎には慣れているようですが、いろいろな学校から集まった「クラスメート」にはとても緊張していました。


 この日、子ども達が体験したのは「英語」と「特別活動」の2つの授業です。


 【英語】・・・「英語を 見て・聞いて・書いてみよう」
 「見て・聞いて」では、「favorite=大好きな」をキーワードにして、自分の好きな色や動物などを表現し、粟野中のALT(英語指導助手)やペアの人と楽しくコミュニケーションしました。初めてあった他校の6年生とペアを組むだけに、最初は緊張していましたが、徐々に慣れていくと積極的に英語を使って話したり、質問したりすることができました。
 
 「書いて」では、英語学習の第1の『壁』である、アルファベットの小文字の書き方を練習しました。アルファベットの基本である「4線」について、中心線を「地面」とイメージすることで、それぞれの文字の高さを意識することを教えていただきました。また、動画で小文字の書き順を分かりやすく教えていただいて、もくもくとアルファベットを書く練習に取り組みました。
 

 【特別活動】・・・粟中紹介
 この時間は、まず粟野中の1年生による「学校紹介クイズ」を行いました。なかなかの難問ぞろいに、子ども達は苦戦しながらも粟野中学校での生活について具体的なイメージを持てたようです。その後は、粟野中学校作成の紹介ビデオを視聴しました。
 
 
 最後に、粟野中学校が誇る「無言清掃」を全員で見学しました。
 
 開始前の黙想からすでに「無言」。掃除の最中ももちろん「無言」。それが、どの掃除場所も。聞こえてくるのは掃除の音だけ。
 普段から「もくもくと」を目標に掃除をがんばっている子ども達にも、粟野中の掃除がどれほど素晴らしいかがよく分かったようです。

 今回の「夢の架け橋プロジェクト」を終えて、子ども達は「不安はあるけれど、優しい先輩方もいて楽しそうだということが分かった。」「勉強も部活動も一生懸命がんばりたい。」「他の小学校の人たちとも仲良くなりたい。」など、とても前向きな気持ちを持つことができました。
17:56
2017/01/25

6年生 税金教室を行いました

| by teachers
 1/24(火)、敦賀法人会青年部の方を招いて、6年生を対象とした税金教室を行いました。
 
 この税金教室では、まずわたしたちの生活に必要な税金について、クイズ形式で分かりやすく教えていただきました。社会科の授業でも学習はしましたが、実際に自分たち小学生が卒業までに使われる税金の金額を目の当たりにして、改めて税金の恩恵を実感したようです。
 ←こちらが、その金額。およそ1000万円!

 他にも、「もしも税金がない社会になったらどうなる?」というテーマのビデオを視聴しました。税金が無くなれば、単純に負担が無くなるわけではなく、道路を歩くこと一つをとっても、全て個人の負担となること。まして消防や救急などの公的サービスが全て有料となることに、子ども達はとても驚いていました。

 最後に、乳児~成人までに使われる税金1人あたりの金額、約1億円!(もちろんダミーです)を見せていただき、まずは重さ当てクイズ。
 「3㎏!」「5㎏!」など様々な意見が出たところで、実際に持ち上げて試してみることに。
 
 あまりの重さに、びっくりする子ども達でした。ちなみに、1億円の重さは約10㎏とのこと。

 税金の必要性とともに、それが正しく使われることの大切さを学んだ1時間でした。
18:35
2017/01/23

1・2年生 低学年体育支援事業

| by teachers
 低学年体育支援事業として、ルネッスから谷川先生にお越しいただき、マット運動を教えていただきました。まず、『どうぶつ歩き』からです。あざらしになってみたり、カエルになってみたり、みんな楽しそうに動物になって歩きました。そして、力を合わせてマットの準備をしました。マットでごろんと3回ころがって立ち上がりポーズを決める運動をしました。上手にするポイントを谷川先生から教えていただきました。ポイントを教えていただくと、気を付けるところがはっきりしたようです。次はおしりを高く上げて3秒止まり、起きあがってポーズの運動です。これもポイントが3つありました。同じグループで励まし合う姿も見られました。最後に前転にチャレンジです。しっかり手をついて、くるりと回ることができていました。ポイントをおさえ、分かりやすく、楽しく学ぶことができました。。
   

 


18:43
2017/01/23

1・2・3年ひまわり教室

| by teachers

 1月20日に、敦賀警察署の生活安全課より、帰山さん・谷出さんに来ていただき、ひまわり教室を行いました。

【3限目 3年生】

 3年生は、日常の中でよくありがちな出来事の中から二つの質問が出され、それはしてはよいことか、いけないことかを考え、学びました。

 「おごってもらったり、友達のものをこっそり持って帰ったり、トラブルの原因になる行為は場合によっては犯罪になってしまいます。軽い気持ちでもしてしまったことは消すことができません。傷つくのは自分だけでなく、周りの家族や友達も傷つくんです。」と帰山さんはおっしゃっていました。この言葉は、子ども達にも、とてもひびいたようです。

 見に来てくださったお家のひとからも意見を聞くことができ、子ども達のとても良い機会になったと思います。




【4限目 1・2年生】
  4時間目に、1・2年生合同で、「ひまわり教室」の授業を行いました。
 「なくなったカード」というお話を聞いて、「人のものをぜったいに取ってはいけないこと」、 
「人のものを取ることは、どんな言い訳をしても『窃盗罪』『犯罪』であること」を学びました。また、「謝っても、取ったものを返しても、お金を払ったとしても、やったことはけせないこと」も教わりました。
 そして、これから、「いいことか悪いことかを自分でしっかりと考えて、悪いことは、さそわれてもぜったいにしないこと」「人のものはぜったいにとらないこと」を谷出さんたちと約束しました。また、困ったときやいいことか悪いことか迷うときは、すぐに大人に相談することも教わりました。
 教室が終わって書いた子どもたちの感想には、「子どもでもぜったいに人のものを取ってはいけないことが分かった。」「ぜったいに人のものはとりません。」と強く感じ取ったことが書かれていました。
 お家の人と一緒に大切なことをたくさん学ぶことができて、とてもよかったです。


 


18:41
2017/01/20

認知症サポーター養成講座

| by teachers
市長寿健康課の方にゲストティーチャーとして来ていただき、
5・6年生を対象に、認知症サポーター養成講座が行われました。

まず、脳の病気によって認知症の症状が起こること、
また、どのような認知症の症状が起こるのかを学びました。
そして、もし自分が認知症になった時の気持ちを想像したり、
もし自分が認知症になったらどうしてほしいかを考えました。

最後に、市の職員の方による劇がありました。
認知症のおばあちゃんにどのような対応をすればいいのか、
よい例、悪い例を見て考えました。

とても分かりやすく教えていただき、
子どもたちは最後まで真剣に考えることができました。
オレンジリングをいただき、これで立派な認知症サポーターになれるかな?


13:15
12345

黒河元気ッズ日誌(平成27年度)

H27 黒河元気ッズ日誌
12345
2016/02/26

6年生を送る会♪

| by teachers

 2月26日、6年生を送る会が行われました。5年生が、一生懸命準備してきました。各学年、工夫を凝らした発表が行われ、6年生へのありがとうメッセージが込められていました。 
 1年生は、『うれしかったよ ありがとうメッセージ』と題して、たぬきの糸車から学んだ大切なことを、6年生への感謝の気持ちと共に劇にして発表しました。
 2年生は、『ふたりはいっしょ』で、6年生への感謝のお手紙を渡しました。
 3年生は、『6年生の思い出ポケット』と題して、ドラえもんが登場し、6年生の思い出を紹介してくれました。
 4年生は、『GUTS!』の曲にのせ、リズムなわとびとフラッグ演技、そして詩の群読をしました。
 5年生は、『安心してください!』と題して、6年間の今年の漢字をギャグと共にふりかえり、嵐の「ふるさと」の曲を合奏、合唱でプレゼントしました。 
 6年生からは、劇とみんなへのメッセージを伝えてくれました。
 6年生を送る会で、6年生への感謝の気持ちを伝えることができました。
 6年生は、みんなの発表を励みに、中学校でもがんばってほしいです。
 運営、しっかりできた5年生すばらしかったです!!
 
 
 
 
 
 
15:21
2016/02/18

読み聞かせボランティアさん感謝のつどい♪

| by teachers

 毎週木曜日に、読み聞かせに来ていただいているボランティアさんの感謝の集いを図書・ベルマーク委員会で行いました。 
 いつも読み聞かせをしていただいているお礼に、『3びきののかわいいオオカミ』というお話の朗読劇を発表しました。3びきのこぶたではなく、おおかみたちが家を造ります。悪い大ブタに壊されてしまうというお話です。続きがどうなるのか・・・・というクイズには、みんな図書室に行く楽しみができたようでした。
 そして、 年間多読賞の発表、図書室に新しく入った本の紹介も行いました。
 ボランティアさんには、全校のみんなで心をこめてかいたお手紙とお花をプレゼントしました。ボランティアさん達も喜んで下さり、うれしかったです。
 本を読むことは心を育てます。これからも本が大好きな黒河小学校のみんなでいてほしいです。
 読み聞かせボランティアのみなさん、毎週、ありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします。
  
12:07
2016/02/10

5年生 『いのちの学習』

| by teachers

 2月10日、助産師の山下里美さんにお越し頂き、『すばらしき赤ちゃんパワー』と題して、お腹の中の赤ちゃんについて教えていただきました。赤ちゃんがお腹にできたときは、目に見えないほどの大きさだった・・・月日が経つにつれ、大きくなり、いろんな準備をして生まれてきたということを、実際の大きさと同じ大きさの人形で教えていただきました。赤ちゃんが生まれた時、周りを囲んでいる人たちは、みんな笑顔です。みんな「生まれるちから、生きるちから」を持って生まれてきた、あなたは世界でただ一人だけなんだよというメッセージをいただきました。みんな望まれて生まれてきた命です。そして、今度はみんなが、新しい命をつないでくれるといいなとおっしゃっていました。
 その後、グループに分かれて、パネルを見せてもらったり、赤ちゃんの人形をだっこしてみたりしました。「首持たなあかんなあ。」「重たいなあ。」と話しながら赤ちゃんをだっこしている子ども達の顔はキラキラと輝いていました。
 

 
11:28
2016/01/27

★3年生 昆布館に見学に行きました★

| by teachers
1月26日、昆布館に見学に行きました。
まず、シアターで昆布のことや昆布の漁の仕方、職人さんの仕事について学ぶことが
できました。
昆布は、全身から栄養をとり、収穫の夏までどんどん伸びていくそうです。昆布漁が
解禁した時の船の多さに子どもたちは、目を奪われていました。長い棒を使い、昆布を
たぐり寄せる姿はとても力強かったです。
また、昆布を削る職人さんの仕事も真剣に見ることができました。20年前くらいは、敦賀に
400人ほどの職人さんがおられたそうですが、今は半分くらいだそうです。
包丁をもてるようになるまでに、何年も修行することを知り、職人さんの凄さを感じている
ようでした。
その後、工場の見学をさせて頂きました。今回は、「味付き昆布」が作られている所と袋詰
めされている所を見ることができました。機械の動く様子をしっかりと見て、館長さんらに
たくさんの質問をすることができました。
前回の校外学習(グルメ館)に比べ、自分から進んで質問したり、メモを取ったりすることが
できるようになり、子どもたちの成長がよく見られた時間となりました!!
 
   
14:06
2016/01/25

★3・4年 ひまわり教室★

| by teachers
1月22日に、敦賀警察署の生活安全課より山本補導員さんに来ていただき、ひまわり教室を
行いました。3・4年生は、「きみなら、どうする?」というテーマで、万引きや自転車のことについて
学びました。
例えば、
①道に100円が落ちていたら…
②友だちにアイスをおごってもらったら…
③親の財布から、勝手に1000円もらうのは…
④友だちに万引きに誘われたら…
⑤ゲームのアイテムを買ったら…
⑥友だちからカードをもらうのは…
など、生活の中でありそうな事例をあげ、どこに注意して行動するのが大切かを具体的に
考えることができました。その中でも、③の事例をあげたときに、お家の方や児童クラブの
方などの意見を聞くこともでき、子どもたちはより真剣に考えることができたと思います。
今回のひまわり教室は、保護者の皆さんや児童クラブの先生方など、多くの方に参観jして
いただくことができました。今後もこのような機会を通して、子どもたちと一緒に学んでいき
たいです。
 
 
11:28
12345

黒河元気ッズ日記(平成26年度)

H26 黒河元気ッズ日記
12345
2015/03/04

6年生 感謝の調理実習をしました☆

| by teachers
感謝の気持ちを込めて、先生方に、『お好み焼き』とメッセージカードをプレゼントすることにしました。2年間、調理実習をしてきただけあって、調理の段取りも完璧でした。みんなで協力して、おいしいお好み焼きのできあがり!
 
 先生方に感謝の言葉と共にお届けしました。先生方も喜んでくださいました。また、お家でも作ってみてほしいと思います。卒業まであと少し・・・。思い出をかみしめながら一歩一歩歩いています。
    
14:31
12345

今月の生活目標

健康に
すごそう
・手洗い・うがいをしっかりしよう
・なわとびをがんばろう
・すききらいなく,よくかんで食べよう